ゲルマニウムとは?

 

みなさんは、ゲルマニウムについて、何を知っていますか?

 

この健康ブームの最中「ゲルマニウム」と言う言葉を良く耳にすると思うのです。

 

ゲルマニウム入り何とかとか、ゲルマニウム温浴だとか、ゲルマニウムを謳っている商品等も、結構ありますよね。

 

健康に良いと思って、ついつい手に取ってしまうのですが、そもそも「ゲルマニウム」って、どんな物なのでしょう。

 

ゲルマニウムとは、簡単に言えば「半導体」の事なのだそうです。

 

この半導体と言うのは、電気を通す導体になったり、通さない導体になったり、条件によって、その役割は変わるのです。

 

そもそも、元素は地球上に103種類あると言われているのです。

 

その中でも、ゲルマニウムと言う半導体は、特別な性質を持っています。

 

ゲルマニウムは、金属のようで金属じゃない、とても不思議な半導体として知られています。

 

ゲルマニウムは、金属の様で金属じゃないと言いましたよね。

 

しかし、金属と非金属の中間部分に位置しているGeと言う元素で、とても脆いものなのです。

 

しかし、いろんな物に役立ってもいる物で、トランジスタやダイオードとしても、発明されたのです。

 

更に、通信機器やコンピュータで使われる物として、世に出てその名前を知る事になってきました。

 

ある一定温度を加えてあげる事で、ゲルマニウムに電気が流れる性質を使い、発明してきました。

 

ゲルマニウムと健康とは、少しかけ離れていたのが初めの使われ方でしたが、その特性を利用し、たくさんの商品を作っていくようになって、その過程で人間の身体に良いと言う方向へ進んでいき、今日に至っているのがゲルマニウムなのです。

 

ゲルマニウムで健康に一歩近づこう!